ジャンパトゥ

ジャンパトゥ

ブランドストーリー

ジャン パトゥは、1887年フランス、ノルマンディー生まれのデザイナーで、1914年自らの名を冠したクチュールメゾン、「ジャン パトゥ」をオープンしました。初のニット水着をはじめとする女性用のスポーツウェアを提案し、その革新的で常識を打ち破るようなデザインは、フェミニズム運動における女性の解放と結び付けられました。ジャン パトゥはクォリティーとラグジュアリーを兼ね備えた世界レベルのブランドとして、知名度も高く歴史的にも高く評価されてきました。 類なきオートクチュールデザインで名声を博したジャン・パトゥですが、彼の本当の伝説は、贅沢な素材をふんだんに使用し、完璧を追求する姿勢から生まれたフレグランスです。どのフレグランスにも独自のストーリーがあり、テーマがあります。1930年に世界恐慌の憂鬱を吹き飛ばすような芸術的作品「JOY(ジョイ)」を発売。高品質な天然香料を惜しげもなく配合し、暗い時代に生きることの純粋な喜びのシンボルとして大成功を収めます。1972年に発売された「1000(ミル)」は、完璧な調合を追求して試行錯誤を経て、10年の歳月をかけて創り上げたフレグランス。ミステリアスで洗練された香りです。 ジャン パトゥの特色を体現した魅力あふれるフレグランスの数々は、時代を超えて、世界中の洗練された女性たちに愛されています。

商品一覧

ジャンパトゥ  5 アイテム
男女別×香り×カテゴリーで絞り込む