フレグランスレッスン

フレグランスの種類

ひとくちに「香水」といいますが、賦香率(フレグランス類に含まれる香料の割合)の違いによって4つの種類が存在します。

◆パルファム(香水)
最高のランクの香り。まろやかで深みのある香りを、ゆっくりと長時間楽しむことができます。
<賦香率15-25%/5時間-半日程度>

◆オードパルファム
パルファムに近い深みがありながら気軽に楽しむことができます。
<賦香率10-15%/5時間程度>

◆オードトワレ
一番一般的でカジュアルに楽しむことのできる香り。メンズフレグランスは大半がここに属します。
<賦香率5-10%/3時間程度>

◆オーデコロン
リフレッシュ効果が高く、最もカジュアルに楽しむことができます。全身にたっぷりと使用できます。
男女兼用タイプが多いです。<賦香率3-5%/2時間程度>

香りの変化

香りは空気に触れた時から変化しはじめます。
これは、ひとつの香水のなかに揮発度の異なる様々な香料が調合されていることによって起きることです。
揮発度の高い香料から低い香料へと順に、香り立って変化します。これを「香り立ち」と言い、
3段階に分かれるのが一般的です。この3段階に分かれた香り立ちを「香りのピラミッド」と呼びます。

◆トップノート(ヘッドノート)
揮発性の高い香料の香り。柑橘類やハーブなど。
香りの第一印象を司るパート。

◆ミドルノート(ハートノート)
全ての香料がバランスよく香る部分。
その香りのイメージが最も強く表現されています。

◆ラストノート(ベースノート/ドライダウン)
残香性の強い香料の香り。バニラ・樹脂・動物性香料など。
おだやかで温もりのある香り。

香りの纏い方

香りは体温で温まることで、さらに豊かに香り立ち、下から上に向かって立ち昇ります。

【纏い方】
・清潔な肌に、10~20cmくらい離してスプレーします。
・1ヶ所にワンプッシュが適量です。

【リタッチ】
香りのつけ足しをリタッチといいます。それぞれの持続時間を目安にリタッチします。

【注意点】
・インパクトが強い香りを纏う際は、つける部位を減らしましょう。
・髪の毛につける場合は、直接スプレーするのではなく、一度手のひらにスプレーし、
毛先を軽くかきあげるようにしてつけます。

香りのレイヤリング効果

同じ香りのいくつかのアイテムを重ね合わせて使用すつことをレイヤリングといいます。
レイヤリングすることで、ふたつの効果を実感することができます。

~効果1『香りの表現を和らげ、まろやかで立体的な香り立ちにします』~
ボディケア製品は香りのクッションともいえる存在です。重ね合わせすることで、肌そのものから香り立っているかのような、ふんわりと、理想的な香り立ちを楽しめます。

~効果2『香りの持続時間をアップさせます』~
香りは湿潤な環境でよく香ります。水分や油分を適度に含んだ肌の上でなじみ、体温の温もりが香りを少しずつ香らせ、美しく香り立ちます。また、きちんとレイヤリングされていれば香りのの調和は長時間保たれます。

◆香りのレイヤリング方法
Step1:シャワージェルで体を洗います。ボディ全体に柔らな香りを残します。
Step2: ボディローションでトリートメント。軽くマッサージするようになじませると、保湿効果と、香りによるリラックス効果が期待できます。
Step3: 全身に薄い香りのヴェールを纏ったら、仕上げのフレグランスを!

香水の保存法・注意点

【保存の仕方】
・直射日光を避けて、風通しが良く、高温にならない場所で保管します。
・開封後は1年を目安に使い切ることが理想的です。

【注意点】
・直射日光が当たりやすい部分や汗をかきやすい場所にはつけないようにしましょう。
・違う香りを混ぜて使わないようにしましょう。
・肌の弱い人は、直接肌につけないようにしましょう。
・洋服、宝石、革製品などには直接ふきかからないようにしましょう。